ニュース

緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の申請について

2021.03.05(2021.03.09更新)

一時支援金申請の流れ》
①仮登録(申請ID発番)をする
②申請に必要な書類を専用ウェブサイト、申請要領で確認
③2021年1月、2月、3月の売上台帳を作成
④全て書類が揃ってから、身近な登録確認機関に事前確認通知発行を依頼
⑤専用ウェブサイトで各自申請
※登録機関に事前確認をする場合は電話での予約が必要になります。
 事前予約無しに来場いただいてもご確認の対応が出来ません。

登録確認機関での事前確認(必要な書類等)》
 一時支援金の申請をする前に登録確認機関による事前確認が必要になります。
事前確認には、下記の確認書類が必要ですが、那須塩原市商工会の会員事業者の
方は、①~⑤の書類の確認を省略することができます。その場合は、⑥のみをご
準備ください。会員の方はご来場頂かなくても電話で事前確認が行えます。
 なお、会員以外の方は窓口かテレビ会議での対応となり、電話での事前確認は
出来ませんので、確認書類省略のためにも顧問の士業がいる方は 顧問先(税理士
・社会保険労務士等)や金融機関と事業性の与信取引がある方は金融機関にご相
談ください。
①本人確認書類※1
②履歴事項全部証明書(中小法人のみ)
③収受日付印の付いた、2019年1月を期間内に含むもの以降、全ての確定申告書
 の控え※2,3
④2019年1月から2021年対象月までの各月の帳簿書類(売上台帳、請求書、領収
 書等)※4
⑤2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳
⑥代表者又は個人事業者等本人が自署した「宣誓・同意書」

※1 次の書類等のいずれか。運転免許証(両面)、マイナンバーカード(オモテ
  面)、写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面)、在留カード、特別永住
  者証明書、外国人登録証明書、住民票の写し及びパスポート
※2 e-Taxの場合は、確定申告書の控えに受付日時が印字されているか、別途、
  受信通知メールがあること。
※3 個人事業者等の場合は、確定申告義務がない場合その他相当の事由がある場
  合は、住民税の申告書の控え、中小法人等の場合は、合理的な理由で提出で
  きない場合は、税理士の署名がある事業収入を証明する書類で代替可能
※4 書類の量が膨大な場合は、登録確認機関が任意に選択した複数年月の帳簿書
  類でも可

☞詳細につきましては、下記専用ウェブサイト、申請要領等にてご確認ください。

一時支援金 申請仮登録》
仮登録(申請ID発番)する、申請する

一時支援金に関するお問合せ先》
一時支援金事務局

《申請に必要な書類》
中小企業者向け
個人事業者向け

《申請要領》
個人事業者向け
中小法人等向け

◎お問い合わせ先
【一時支援金事務局 相談窓口】
TEL:0120-211-240
IP電話等からのお問い合わせ先:03-6629-0479(通話料がかかります)
※受付時間は、8時30分~19時00分(土日、祝日含む全日対応)

◎登録確認機関(事前確認・予約)
那須塩原市商工会
電話:0287-62-0373
※受付時間は、8時30分~17時15分(土日、祝日休)